*

今年最後の通院

公開日: : プライベート, 呟き, 報告, 精神病

今日は今年最後の通院だった。年末だから人が多いかなと思いきや、全然そうでもなくすぐに呼ばれた。先生にはこの先どうしていこうか悩んでいます的に深刻な話を振ってみたが、飄々と返してくれた。実際悩んではいるのだが、これといって解決策があるわけでもないので、聞いてもらって楽になる感じである。この先生は薬減らしてほしいといえば減らしてくれるし、必要に応じて睡眠薬とかも出してくれる、いい精神科医だと思う。今後も長くこの病院に居ついてほしい。

その後、作業所に遊びに行った。すると入り口で川桐さんと金川君が車を修理していた。本当はこの二人とニンテンドースイッチがやりたかったのだが、どうも忙しくて手が離せなさそうだった。なんなら僕も修理作業を手伝うというか、体験させてもらえたらありがたいなと思ったが、冬用の高い服を着ていたので汚れるのを恐れ断念した。他のメンツも麻雀をやっていたし、あんまり来てもやることがなくてため息をついてしまった。

クロクマ1コマ漫画1見舞いに来た猫

帰ってからは疲れからか、17時まで寝込んだ。やっぱり時間のマネジメントはしっかりしなければいけない。疲れが取れないのは今やデフォルトなのである。病気のせいか、薬のせいか、歳のせいか、ここまで来たらもう判断がつかない。

今までパソコンのテキストで個人用日記をつけていたのだけど、今日から手書きでノートに移行することにした。手書きの方が自分に伝わる感じがあるみたいで、当分続けてみようと思う。下手くそな字だけど生きた文章になる気がする。

追記。明日の山梨日日新聞に僕が取材を受けた記事が掲載される模様です。地元の方はチェックしてみてください!

関連記事

no image

いくらか復調

金川君がTOPPOというお菓子を一本くれて、それが普通に美味しかった。こういうお菓子はちょっと貰うく

記事を読む

no image

いろいろやって疲れた。

今日は結構忙しかった。病院、図書館、PC事業、市役所と一日に色々なところに用があった。 ある事情で在

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑