*

始動/病院あるある

公開日: : ホームページ, 仕事, 精神病

在宅の仕事の方向性が決まったので大体の形を作り始めている。作業所とアビリンピックでの成果を今! と思いつつ、デザインサイトを参考にしてメインビジュアルを作る。第二階層も作る。兄に指摘された個所のコントラストにも注意する。やっぱりやった分の成果は出てくるもので、以前手探りでやっていた頃よりは手ごたえを感じる。二か月分の食費くらいの報酬があるので、欲を持ってしっかりやり切りたいと思う。

ハザマ君という子が、病院あるあるをやろうと言ってきたので、少し二人で言い合った。診察に来たつもりが入院させられる。丁寧に接してくれた主治医が患者になっていた。病棟で恋人ができたら次の日には退院していてどこにもいない。カラオケの時間、一か月に一回は「いちご白書をもう一度」を聴かされる。なかには嘘も混じっているが、ポンポン出てきておかしかった。

関連記事

no image

盛り上がり

今日も昨日と同じ仕事をやらせてもらっている。重要な箇所が間違えていることに気づいて、三十分くらい修正

記事を読む

no image

きつい月曜日

仕事は絶え間無いし、怒られるし、いささか疲れた一日だった。 何をやっても上手くいかない気がした。犬の

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑