*

絶望の確定申告

公開日: : プライベート, 仕事, 小説, 精神病, PC事業

今日は確定申告の準備。全然やる気ないからだらだらペースで、むしろ時間を無駄にする。しかしこんなもの勢いよくやれるわけがない。自分の実態とかもわかるから取り組んでいるだけでどんどん気分が暗くなっていく。終わった頃にはほとんど絶望していたくらいで、この先どうやって生きていこうかとか堕ちに堕ちていた。一年に一回はこれくらいの落っこちが来るわけで、なるたけ効率よく、片手間にお菓子でも食べながら30分で終わるくらいにまとめられたら素敵だと思う。無理だ。

凄く落ち込んでいたので、久々にあるコミュニティに行って小説家の方に色々話を聞いてきた。そしたら先々の悩んでいたことについての情報が色々得られた。あれが駄目だったらどうしよう、と悩むよりは、あれが駄目だったら次はこうしよう、と把握できていた方が良い。何も解決はしていないが、こうしようという考えだけはできた。

明日はパソコンの仕事で取材を受ける予定。きっちりお金もいただける仕事なのでとてもありがたい。良いこと喋れたら良いけれど、精神疾患なりの苦労話をすることになるのかなあ。身体障害の人たちは体の不自由で不便すること多いけれど、精神障害はクオリティの面で凄く苦労する。あのほぼ日寝太郎みたいな状態からここまでクオリティを上げていけたことは誇りにしようと思う。その誇りを上手く話せたら良いな。

関連記事

no image

慎重に

今日は肉うどんを作った。ナンバーワンという名前の乾麺を使って、鍋で茹でて水で冷やした後、煮込んだ肉と

記事を読む

no image

書き始め

今日は喫茶店に行って執筆。結構書く。正月は支援センターが休みなので金を払って店で書くしかない。ファミ

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑