*

サーファー

公開日: : 最終更新日:2018/03/13 呟き, 漫画

歯医者でえぐいくらいに一番使う歯を削られている。というか抜く選択まであるらしい。親知らずなんぞを放置していたせいで酷い目に遭っている。とはいえ変な生え方していたし、維持する選択が有力だったことも事実なのだ。結局どれだけ悲惨な目に遭おうとも、わかった時にどう対処するかってのが問題なのかもしれない。抜くのは嫌だなあ。なんとかならんかな。

今日、ある御方から取材依頼があった。前向きな企画だし、凄くありがたい申し出なのだが、今回は多分お断りを入れなければならないだろう。
ここのところ精神的に不安定で、自分に対する自信も、足場も揺らいでいるように感じている。だったらそのことを喋ればいいのではないかとも思うが、自分にとって凄く恥ずかしいことなので、
何度か考え直そうとしたけどやっぱり駄目だと思う。

なんだか悲しくなって、買っておいた藤子・F・不二雄先生の「未来の想い出」を読んだ。歳をとって落ち目になった漫画家が過去に戻って人生をやり直す的な漫画なのだけど、最近ならシュタインズ・ゲートに通じる面白さが、より身に迫って感じられた。F先生の短編集は家に四冊あったのをエンドレスのように読み続けたが、どれを思い出しても凄すぎて天を仰ぐような気持ちにさせられる。しかし身に迫って、と言ったけれど、よくよく考えればこの漫画の主人公みたいに戻りたいような過去なんて、まだ僕にはないのだった。落ち込んでちゃいけないな。自分で波を起こせるくらい強く、その波に乗り切れるくらい強くなりたいなあ。

関連記事

no image

効率など求めようがない

今日は卓球教室に行った。カットとか回転を使った技術は大分先だと思っていて、焦らなくても毎回教えてもら

記事を読む

no image

変の価値観

今日ちょっと発達障害の子の個性の話をしてもらった。明らかに普通と違う動きをする子が居たが、それを無理

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑