*

去年と同じ

公開日: : プライベート, 世間話, 小説, 精神病

体調悪いとやっぱり元気がないですねと指摘される。他の人も春の陽気にやられて具合が悪いらしい。入院寸前なんて言っている方も居て、晴れやかな季節なのに厳しいなあと思った。晴れやかでも花粉はばんばん飛んでいるし、気候の変化は激しいし、見た目以上に混沌としているのが春なのかな。

今書いている小説が中盤に入ってから全然面白くないので、思い切って3000文字くらい削った。行けると思ってもやっぱり駄目。去年と同じ現象にやられていてなんだか不思議な感じがする。また映画とか観に行った方が良いかもしれない。クリントイーストウッドの奴が観たいな。全然関係ないジャンルの映画でも、あらゆる物語には鏡みたいな力があると思うので何かしら影響されるものはあるのではないか。

飼い犬の世話が大変。時間的には大したことなくても、持ち上げたりまた戻したりする際、天井のある小屋に出し入れするので持ち上げる際に変なところに力が入る。首とか腰に負担がかかってこのままじゃ体を壊す。上手いやり方を考えないと。それにしても本格的に介護される犬になってしまった。まいったなあ。

関連記事

no image

書き始め

今日は喫茶店に行って執筆。結構書く。正月は支援センターが休みなので金を払って店で書くしかない。ファミ

記事を読む

no image

2016年振り返り

昨日結構フルに活動していたせいか、それともつけ麺食べ過ぎて腹が疲れていたのか、起きたのは11時半。8

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑