変化の試み

酷い夢を見て目覚めが悪かった朝。恐る恐るリクのシートを見てみると、また蛆が一匹いらっしゃった。おしりふきで潰して殺したが、これは母にも相談しなければならなかった。消毒したうえで、注意してみておいて欲しいと頼んだ。ペットシートの交換も僕が居るうちは徹底する。場合によっては再度病院に連れていくことを考えながら、家を出た。

仕事の方は家の用に比べれば余程楽だった。パソコンを使った単純作業。小さいミスもそれほど問題でない仕事なので、自分の力が通用しないということがない。その代わりすぐ飽きるので、モチベーションを保つのが大事なってくる。うっかり出てくる欠伸は手で押さえて隠すようにしているが、一回注意されてしまった。昼間は兄貴が勧めてくれたインドカレー屋に足を運んでみた。インドカレー屋の店員って凄く接客頑張っている印象があるけど、この店は確認が丁寧で最高だった。いくらか水気の多いカレーだったが、程よいバランスにコクがあって確かに美味いなと感じた。一か月に二回くらいは通おうと思う。

最近ちょっとずつ自分の文体を変えている。あまりそういうことを意識しないで書いてきたが、自分が説明のくどい、息苦しい文章を書いているという自覚が出てきた。それで今日試しに上から書き直した小説を知人に読んでもらうと「前よりこなれている」「前は素人が書いたようだった」と感想をいただいた。なかなかストレートに言っていただけて助かったが、直した文体が良い物なのかという確信はない。だけどずっと同じでいられるわけがない。変化として試みていくのは、悪いことではないのではないか。

昨日からリクを家に入れているが、びっくるするくらい夜鳴きをしない。やはり家の中は居心地が良いのか。外で一匹というのは、犬にとっても心細いのか。あとは暑さの対策ができれば、このまま家で最後まで世話をしてやれる気がする。安心したことに、以前心配していた冬の寒さを見殺しにする、ということはなくなったのだ。