まだ三十年以上ある

まだ三十年以上ある

公開日: : プライベート, 報告, 小説

肩と首が異常に痛くてなんでかなーと思っていたら、リクをハーネス使って持ち上げる際、痛めたことに気づいた。あれだけ重い犬を一人で持ち上げるわけだから、無理な体勢でやったらそりゃ痛めるか。ああ痛い痛い。

昨日WEB拍手で同じ小説を書いている方がメッセージを送ってくださった。ありがとうございます。本当、力になります。これからも自分らしく頑張っていきたいです。お互い良い物書いていきましょう。

色々考えて書くようになって、小説に向かい合うのが最近は楽しい。読んでいる時の息苦しさの正体が、ある程度わかっただけでも苦労した甲斐はあったと思う。もしかしたらちょっと誰かに教えてもらえば、気づくことができたことなのかもしれない。ただ、気づきなんてものはそう安く手に入る物じゃない気もする。まだ人生三十年以上はあると思っているから、時間を使っていくことに焦りはないかな。

関連記事

no image

まだキーボード来あい

まだキーボード来あい。いろいろ打えあい。今日はPC事業で出るイベソトの準備をしにいった。不器用な自分

記事を読む

no image

寒さでパーだ

こう極端に寒くなると困る。家にいる間はずっと寒さで信じられないほど頭が働かず、縮こまってばかりだった

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑