*

バカ殿様

公開日: : 世間話, 呟き

母が志村けんのバカ殿様を観て笑っていた。僕はこの番組を目にすると、非常に物寂しい気分になる。テレビしか楽しみがなかった子供の頃、バカ殿様がやっていると食いつくように観ていた。滅茶苦茶笑ったが、終わってしまえばそれ以上の楽しみはない。あの頃の空虚な気持ちを思い出すから、今は敬遠する存在になってしまった。当時は田代まさしが出ていたのを覚えている。
そう考えるとインターネットというものができて本当によかった。ひきこもりを助長していた感もあるが、これがなかったら文化的な生活など到底営めなかっただろう。積極性というものがなかった僕も、インターネットのおかげでいろんなきっかけを生成してもらった。全ての人に恩恵を、というわけにはいかないだろうが、多くの個性に乏しいはずだった人を救っているんじゃないかと思う。

関連記事

no image

頭疲れている中での呟き

アビリンピックの続報が来たので、近々書類を県庁に持っていく。まず行くものと思っていいだろう。日を決め

記事を読む

no image

締め切り

第二回文芸一角賞も締め切りのようですね。 経過はいかがなものか気になりますねえ。公開日が楽しみです。

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑