*

体が資本

公開日: : プライベート, 小説

熱は36度9分まで下がった。少年時代にこのくらいの熱が出たら、二週間は寝込んでいたが、大分体は強くなったらしい。
この分なら来週の仕事には出られそうだが、養生はしなければならない。なるべく布団で寝て、椅子に座っている間は、蒼穹のファフナーを観ている。
小説版を先に読んでいたので、展開を追っていくのが非常に怖い。というのも、人がばんばん死んでいくシビアな物語で、面白いんだけどヒヤヒヤする。
こういうヒヤヒヤ感って、面白い作品には大事だと思う。Zガンダムにもあったし、水滸伝にもあったし、弱虫ペダルにだってあった(ありゃ死ぬわけじゃないが)。
いやしかし、ショートカットの女の子がヒロインの、戦闘ロボット物を、一回面白く書いてみたいなあ! そういう発想から始まることが、そもそも駄目なのだろうけど。
元気になってくるとくだらない考えも浮かんでくる。やっぱり人間、体が資本だね。

関連記事

no image

空白埋め

今日もなんだか頭痛が残っていてなかなか布団から出られなかった。起きた後はリクの散歩をしてやった。最近

記事を読む

ケーキ/兄夫婦と

リクがもうちょっと散歩は難しそうなので、犬の病院に電話したところ、動けなくなったら大変だから

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑