*

自作読書

公開日: : グルメ, プライベート, 仕事, 小説, 読書

仕事が終わると、支援センターまで足を運び、自分の小説を読み直す。
おかげで他の読書ができない。文章鍛錬としては最高だとも思う。何か言葉の使い方にブレがあれば、ノートに書き入れて同じブレが起きないよう心掛ける。仕事でもそうだが、同じ間違いをしないようにするには、自分なりにプロセスをメモに書き入れて覚えたり見直したりするしかない。自分の頭だけでやっていては、性能に限界があるのだ。
母の知人が亡くなったというので、母を車で通夜まで送ってあげた。帰ってからはまたカレーを作った。代わり映えのしない料理。あまり変化を求めない性格なので、月に三回くらい作ってもいい。バーモントカレーとジャワカレーは買い込んである。
自分の小説読んでワードで直していたら、こんな時間になってしまった。風呂に入る時間はないので、シャワーにする。23時過ぎには寝たいものだ。

関連記事

no image

悪魔の辞典

今日は朝から「悪魔の辞典」という本を読んだ。最初は「冷笑家用語集」として発表されたものらしく、その名

記事を読む

no image

駄目だったぁ。上手くいかない。

ワンちゃんのこともまたバタバタしてきた。ただでさえ病んでいるのに、余計なトラブルが起こるのはきつい。

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑