*

同じ職場に勤める人たちへ

公開日: : 仕事, 呟き, 小説, 精神不安

突然、このブログの存在が職場の人にばれたことを想像し、怖ああああい! と思ったので、今のうちに保険をかけておくことにする。
僕は愚痴は散々言うが、同士諸君の個人攻撃などする気は全くなく、むしろみんなが上手くいって欲しいと思っている。似たもの同士で争い合っても仕方ないからな!
もし僕のやっていることで不快なことがあったら、やんわりと指摘してくれれば対応しる! つもりだ! 人間関係は難しいところだが、ひとつ乗り切っていこうではないか。
あともしこのブログの存在を新たに見つけた場合、みんながみんな見ていると思うと書きづらいので、知らんふりをしていてくれ!
そして僕にはなるたけ優しくしてくれ! 最後のは冗談だが、頼んだぞ諸君!

小説を書いた先から、直すところばかりが出てくるので、一筆書きに憧れて自分なりに研究してみたが、そもそも日常生活からして、言った直後の流れのまま、訂正ばかりしている言い訳がましい僕が、一回で正解の文章が出てくるわけがあるのか、と思った。今日だって僕は、小刻みに訂正してバランスをとって、コミュニケーションをとっていた。それが正しいことかどうかは、なんとも言えない。一筆書きで書けたらそれはもう鮮やかだが、タイプの問題もあるのではないか。上手い人の文章から研究するのもいいが、直すこと前提で書くくらいの方が、正しい姿勢かもしれぬ。小説に生き方が出るってのは、こういうことも言えるのだろうか?

関連記事

no image

10月の空

もつ鍋を作ってみようかと思い、1/4カット白菜と豚の小腸300グラムを買ってきた。なるべくお金をかけ

記事を読む

no image

そういうもの

今日作業所でデータ入力の続きをやろうとしたら、前回のデータが丸々消えていた。混乱して結構探したがどこ

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑