*

職場体験/ノートはやめ

公開日: : プライベート, 仕事, 呟き, 漫画, 読書

今日は掃除の仕事に行ってきた。やり方は全部教えてもらえるし、さほど難しいことは求められないので、黙々と拭いて整えて掃除機をかけていった。暑いし、ひたすら疲れるし、なんとか今日はできたけど、これが毎日続いたらおっかないなー。でも生業にしている人もいるわけだし、辞めなければ慣れていくし体もできていくのだろうな。まあ、なかなかいい経験ができた。

実は去年の12月から昨日まで毎日ノートをつけていたのだけど、止めることにした。いろいろ動機があって始めたことだから、なるべく毎日つけていたけど、もっと別にやりたいことがあって元々の動機がどうでもよくなった。
ノートをつけていいことがあったので、7ヶ月半つけたことは無駄ではなかったと思う。具体的に言うと
1、毎日漫画のネタが湧いてくるようになった。
2、字を書く機会が増えるから書けなかった漢字を沢山覚えた。
3、精神的な安定を得ることができた。
4、ロジカルな気分になれた。

特に漫画が沢山描けるようになったのは楽しかった。自分の力を開拓していく感じがあった。突然辞めたきっかけは、村上春樹の「職業としての小説家」を読んだからだ。何気に最近プライベートで病んでたけど、読み切った後は清々しい気分になれた。

今後は代わりに積読を読んでいこうと思う。毎日ノルマを入れると、かかる時間以上に時間を取られるから、これでよかったのである。

関連記事

no image

ゲティ家の身代金

今日はみんな具合悪そうだった。僕も周りから心配されたが、むしろよく働いた。顔に疲れが出やすいらしく、

記事を読む

no image

慎重に

今日は肉うどんを作った。ナンバーワンという名前の乾麺を使って、鍋で茹でて水で冷やした後、煮込んだ肉と

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑