*

断捨離

公開日: : 呟き, 読書

なにも頑張らない方がいいかもしれない、と以前、友達に声をかけてもらったけど、それもそうかもしれないと思った。気負って本を読むより、リラックスして本を読んだ方が気持ちが豊かになる。

村上春樹のエッセイを読んでいるが、凄い! こうありたい! と考えに憧れてしまう。実力とか実績とかそういうの関係なしに、今すぐにでも始められることばかり書いてあるので、読んでいて安心する。

8か月つけていたノートを辞めたって話を書いたけど、あれも元はと言えば、自分の力を伸ばしたかったからなのだよね、もっといえばツイッターとかで、口の強い人や頭の良い人にいろいろ言われて悔しかったんだよね。

でも別に、僕がやりたいことで頭がよくなったりする必要なんてなかったよ。

不愉快な物は見なければいい、って考えはなるべく実践していきたい。ネットを辞めるのはちょっと難しいけど、とりあえずツイッターのアプリは消したし、スマホのブックマークも整理した。SNSはパソコンで確認できる状態になっていればいいや。

関連記事

no image

皮膚病と付き合って

午前中は遠くの病院。帰ってからすぐに皮膚科へと、病院をはしごする。尋常性乾癬を患っている僕は、二十年

記事を読む

no image

本日二記事目、というか呟き

今書いている小説。中盤からガクンとつまらなくなった。同じように書いているつもりなのに、どうしてこうも

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑