*

結局当分三日おき 精神病院物語-ほしをみるひと 第二話noteで公開中

公開日: : 報告, 小説, 精神病

ブログの定期更新は止めるつもりだったのですが、精神病院物語を三日、四日おきくらいに投稿するため、
結局ブログも更新した方がいいという。
今回入院時にパーキンソン病と言われたことを元にした話ですが、実際のところあれがなんだったのかよくわかっていません。
ただ、あのまま再起不能になってもおかしくないなと思っていたので、回復できたのはよかったですよ。
その後もずっとしんどかったから、感動とかはしませんでしたけどね。

精神病院物語は↓のリンクからどうぞ。
精神病院物語-ほしをみるひと 第二話

関連記事

no image

生理的不快

息子さん私にどうですか、と横に座っていたおかしな女性の方から言われて、非常に不快な気持ちになった。わ

記事を読む

no image

駄目だったぁ。上手くいかない。

ワンちゃんのこともまたバタバタしてきた。ただでさえ病んでいるのに、余計なトラブルが起こるのはきつい。

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑