消えた意気込み

出張の仕事を減らしてもらった。本当は今回はなしにするという話もあったが、少し残すことになった。
別段、仕事は大変でも肉体的に相当疲れるということもなかった。繁忙期には滅茶苦茶忙しいらしいが、それはまだ未体験である。ただ、頭の容量が過多になってしまい、あの時は駄目だった。
リベンジするなんていう意気込みはもう消えてしまった。次行ったら普通に務まるかもしれないし、また駄目になるかもしれない。終わりのあることだから、怖いという程でもない。ただ自分の頭の容量が見えてしまった気がする。
そういうのを肌で感じていると、果敢さはなくなるだろうなと思う。