*

いつか勝利の旗の下で

公開日: : プライベート, 仕事, 呟き

今日は一つ感銘を受けた。今まで人づてに聞いたことで、ちょっと気負っていたところがあったのだけど、それはしても仕方がなかった。
以前、僕と同じコミュニティから一緒に入った人が、凄く仕事のことを頑張っていたのに、理由あって辞めてしまった。僕はそれを凄く残念に思っていたのだけど、
思い返せば、辞める時の顔は晴れ晴れとしていた。
多分、人は僕が思っているよりずっとたくましいのだ。これからも、自分が頼りにしている仲間が卒業していくかもしれない。でも寂しがることはなくて、
その人が新しい道を見つけたことを祝福するのがいいのだと思う。僕が頼りにするような人はそう簡単に潰れたりしないだろうし。
僕は自分の夢の続きを頑張ろう。まだ、やることがあるのだから。

関連記事

no image

ペースダウン

1月2月はかなりガッツリ読書をしていたのだけど、3月はやたらと忙しくて大分ペースが落ちてしまった。そ

記事を読む

no image

訪問看護で味噌汁作り

今日は訪問看護のFさんにいろいろ家事を教えてもらった。味噌汁なんかは実際に一緒に作ってみた。いや、ほ

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑