美しい女性方

美しい女性方

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 アニメ, プライベート, 仕事, 小説

本日仕事終わり、今後の席の配置について話をする。

「正社員さん。美しい女性方が近くにいらっしゃるとまいってしまうので、席の配置には十分注意してくださいよ」
「突然なにを言い出すんですか佐久本さん」
「冗談で言ってるんじゃないんですよ、本当に困るんです。今だって頼んで離してもらっているくらいですから」
「じゃあドカベンの如き巨体のGさんやHさんで挟みましょうか」
「その方が全然いいです」

今日は仕事が終わった後、少し実家に戻って、色々やらねばならない作業をした。ちょくちょく帰ったり、週に何回か電話をしているので、母は意外と元気そうでいる。よかったのかな。

で、静岡文学マルシェの準備をさっきまでしていました。必要な書類も、作品も、道具も揃っているから、あとは行くだけ。売るだけ。無事に帰ってくるだけである。即売会の雰囲気を味わったりして、楽しめたらいいなあ。でも接客向いてないから、不始末を起こさなきゃいいなあ。

関連記事

no image

こうだ!

休みの日、いつも通り動こうと思ったがなかなか頭が働かず、それでも朝飯を食べて、どろろを全部観た。一昨

記事を読む

no image

疲れたー

長年メンタル的に病むことを抱え続けてきたせいか、ちょっと余裕ができると妙な万能感を感じて、なんだって

記事を読む

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑