途方に暮れている

なかなか隣の人の出す音に悩まされ、途方に暮れている。過去に一人暮らしが駄目になったこともあって、自分には無理なのかと自問する日々を送っていた。しかし支援者のアドバイスなど積極的に聞いて、対策に務めてはいる。16年前の自分とは環境共々違うので、同じことになるわけではない、音に悩まされるのはどこでも同じで、ここは乗り越えるべき壁だと教えてもらった。体調を鑑みた上で、いざとなったら実家に戻ればいいので、やれる限りやってみようと思う。

明日、地方アビリンピック。一度も出たことのないワードプロセッサに出場するが、やるからには一生懸命やるが、もう盾とか賞状とか実家にあり過ぎて、やっぱり地方は引退した方がよかったかもしれない。でも気晴らしに行ってくるか。

いろいろ余裕がなくて、ここのところ仕事で精一杯で打ち込んでいることに力を入れられなかった。でも今日はそれなりにやっている。枯れたり咲いたりするのが人間というものだろう。

Drストーンにはまっている。アニメから観始めて、漫画の一巻もkindleで買った。滅亡した文明を天才高校生が科学の力で復活させようというのだから熱い。一話一話が滅茶苦茶盛り上がるので飯食いながら何度も観てしまう。科学って当たり前に日常にあるようで、使いこなせる人って凄い! 憧れる! って思えるから、科学ヒーロー漫画読んでいるような感じだなあ。