*

2018/10/11 | 呟き

失敗した。割と仕事もコミュニケーションも気を使うタイプだと思うが、細かいところに気がつくのと、それで下手を打つのは根ざしているものが違うよな。今は場数を踏ませてもらっている身だし、失敗して怪我をするのは仕方ないかもしれんけど、傷が深くなければいいな。

続きを見る

もうちょい頑張る

早朝。リクの遺骨の入った骨壺を、我が家の墓の、親父の骨壺の隣に納骨してきた。これで親父との約束は全て果たしたわけである。後悔がなかったわけじゃないが。いい付き合いができたと思う。自分にはもったいないくらいの、いい犬だった。 今日は仕事から帰ってすぐに寝てしまった。最近だんだんそういう習慣になりつつある気がする。同じチームの人たちはもっと体に疾患を抱えているので、これくらいは普通か。まだアビリ

続きを見る

リクの死

2018/10/09 | 報告

一日くらい日記休もうかと思ったけど、休んでも意味ないから書いて寝ることにします。 今日、リクが息を引き取りました。それで色々準備があって、遅刻と早退したけど仕事には行きました。 頼むつもりだった葬儀屋がもういっぱいだということで、急遽他の業者を探したところ、近場にやってくださるところがあったので、 そこにリクを連れていって火葬してもらいました。数時間後、リクの遺骨を鉄箸で慎重に骨壺に入れ、頭

続きを見る

三日休んで

今日か、明日か明後日か、そのくらいが山だろうか。リクが食事も水も取らなくなり、まさに虫の息になっている。僕としては死にゆくリクを悲しむよりも、諦めの感に占められていて、いい意味で言えば、リクが生き切りつつあるということなのだと思う。ちょくちょく見に行ってはいるが、最期を看取るのは難しいかもしれない。 行き詰っている時の習慣として、ノートにやらなきゃいけないことを書いて、一つ一つ解決していく、

続きを見る

世の中へ

今日も一日だらだらとパソコンに向かっていた。ほとんどまともに集中できないので、動画を流しながら、自分を引きずっていくようにホームページを作った。そしてさっき、事前課題がほぼ完成した。99%。だから明日からは規定課題の準備をしなければならない。やっぱりやればやるだけ技術力は上がるし、仕事にも使えることは多い。アビリンピックでどういう結果が出るかわからないけど、今後、世の中に役立てていかないと意味がな

続きを見る

麻雀をかじったり

今日はちょっとW夫妻の家に寄って、預け物をしてからちょっと話した。今回アビリンピックはPC事業の一人として出場するので、いろいろとWさんのところに書類も届いているらしい。長年お世話になった方だから、近況を話すのが楽しい。 その後、作業所で作品つくり。白川君が来ていたので近況を話す。彼、どう見てもシャープになってるから、よっぽど仕事きつかったんだと察したけど、ちゃんと次の行き先を決めているあた

続きを見る

頭を冷やせ

2018/10/05 | 呟き

疲れた疲れた! つか……れた。いやー駄目ですね、慣れないことすると、いや、してすら、いない。気疲ればっかして調子崩して、無様な思いをしてしんどかったです。最近なんか日記にまともに書けないことばっかに気を取られているけど、ちょっと頭を冷やした方がいいかもしれませんね。 それで帰ってから、衰弱している飼い犬リクに滅茶苦茶話しかけたりしました。いい迷惑でしょうけどね。もう餌もほとんど食べないし、水

続きを見る

三連休前

今日も仕事に行ってきた。後輩の女の子もよく頑張ってらっしゃるし、経験の長い女性二人も安定して仕事をしてくださっていた。僕自身は深刻という程ではないのだが、ちょっと困った症状を抱えていて、工夫でなんとかならんかと思っているのだけど、なかなかどうにもならなくて、同僚に話してやりやすくする手もあるのだけど、そういう状態だってのを知られるのがそもそも嫌だってのもあって、思案に暮れている。 結構休んで

続きを見る

痩せ疲れ

ちょっと疲れている。まだ作品できてないから来ちゃ困るのだが、早く11月が来て欲しいと思う。作品完成させて余裕ができたら、ペンギンハイウェイを読みたい。ちょっと読んだけど、凄く先が気になる。ませた少年の語りが生き生きとしていて、初っ端から出てくるペンギンの群れの不思議さも面白い。 勝負事をするのは楽しいけど、いくらか心が痩せている感じがするから、大会が終わったら速やかに日常に戻りたい。二つも同

続きを見る

わけわからんを乗り越えて

帰ってアビリンピックの作品づくりをしていたが、ある環境で動くデータが別の環境では動かないという事案が発生し、大分焦った。ネットを調べてもなかなかわからなかったが、コードを辛抱強く見てこれだと決めたものを本で探したところ、動かない原因らしきものを見つけたので修正したら、動いた。わけわからんを乗り越えて、デバッグが上手くいったときの安堵感はなかなかのものである。 職場で、自分としてはやってみたい

続きを見る

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑