*

本日二記事目 こうしようの積み重ね

2018/05/15 | プライベート, 呟き

今日朝に書いたの記事のことじゃないけど、割と上手くいかない時って立て続けに起こる物で、そのたびに自分の判断ミスとか器量のなさを悔やんだりする。しかしながら失敗というものは不可避のもので、自分の経験や見識の不足による、微妙な迷いや読み違いで起こるのだと思う。偶然じゃなくて必然だから、自分の選択の駄目さを嘆いても仕方がないのだよね。次はこうしようの積み重ねでなんとかしてやりたいが、ただ敗北感をきっちり

続きを見る

昨日の日記

2018/05/15 | 報告

昨日の日記。あらぬ不安をかけてしまった読者さんがいたみたいで、反省しております。あれはもし自分がトラブルの当事者だったとしても、知らないよう方が健康だよな、ってことを書きたかっただけなんですが、だらだら書いてたら不穏な文章になっちゃったみたいです。一言で書くってことを覚えた方が良いかもですね。

続きを見る

根性は心より生まれ

不協和音が起きている、と言われて見当がつかなかったら、耳を澄ますようなこともしない方が良いと思う。もし自分が関係しているとしても、大した理由もなく嫌われるようじゃどのみち似たようなことで煩わされる。一回知っちゃうとまともではいられないから、リスクマネジメントの観点からも望ましい。 仕事が終わった後はコーヒーを飲んだ。今度はSサイズで。パナマの豆を使っているというが、如何にも高品質っぽい国名ブ

続きを見る

死生観

どんより曇った空。ひんやりとした空気の中。トラクターをかけてきた。操縦は確か三回目なので、結構慣れてきた。クラッチペダルに足を付けていれば死ぬことはあるまい。僕にトラクターを教えてくれたおじさんは、シートベルトもつけずに乗り回していた。どう考えても危ないが、彼曰く「人間死ぬときは死ぬんだ」とのことだった。死生観としては見事なものだが、僕はトラクターをかけている途中に死にたくない。 終わって結

続きを見る

その都度調べる

2018/05/12 | 仕事, PC事業

A型作業所に来て驚かされることは、途中で具合が悪くなって休む人が少ないことだ。B型作業所ではしょっちゅう誰かしら調子を崩し、休んだまま来なくなった人も沢山居た。やはりきちんとした給料が払われるというのは違うということか。もっと驚いたことがある。今日前の席で仕事をしていた女性がパソコントラブルに見舞われたところ、彼女は検索してトラブルの原因を調べていた。常識かもしれないが、それはパソコンに慣れた人の

続きを見る

コーヒーブレイク

2018/05/11 | プライベート, 仕事

仕事をしていたら作業所の所長が訪ねてきてくれた。一個年上の軽いキャラが特徴の面白い人だけど、作業中に見知った人と会えるのは気持ちが和らいで良いなと思う。さりげなく突っ込んだ質問もされたので、コメントを差し控えさせていただく、という言葉が自然に出た。ここのところ政治家の不祥事の話題が後を絶たないせいだろうか。人間一度見たものはなんらかの形で繋がっていくものだと自分に感心した。 今コーヒーの本を

続きを見る

疲れの蓄積

2018/05/10 | 仕事

帰ってから今まで寝てしまっていた。いい時間だし、やることやったらもう一度寝るしかない。疲れの蓄積が来たわけだけど、今週は土曜が出勤なので、ちょっとなあ。やっぱり疲れをとるために23時までには寝た方が良いし、惰性で起きているのは得をしないな。仕事の方はデザイン性のある商品に関わる仕事なので、以前よりちょっと楽しい。100円ショップで売っているような商品でも、人によってデザインをきっちり練られたものだ

続きを見る

盛り上がり

今日も昨日と同じ仕事をやらせてもらっている。重要な箇所が間違えていることに気づいて、三十分くらい修正に費やした。酷いものだと思うが、今のところ損失がないのは幸いだった。途中で気づいているわけだから、良く言えば修正力があるのだろうか。営業部長から声をかけられ、仕事をいただいている会社の方に作品を見せてみないか、と提案していただいた。見込みがあるということなので、アビリンピックの作品。模写した作品。プ

続きを見る

新しい仕事

2018/05/08 | 仕事

二日連続の天候不順。気分が落ち込み、体調もあまりよくなかった。仕事の方は進歩があって、複雑なデータの登録作業をやらせてもらっている。女の子ばかりがやっていた仕事なので、自分にあてがわれるとは思っていなかった。スタッフとの間で交わされていた謎の用語の意味も、一つ一つ今日わかった。あの人たち何やってんだろ的なミステリアスさがあったが、意外と地道な作業だったのだと実感した。テンキー打ってるよりは遥かに面

続きを見る

空気を一新

2018/05/07 | プライベート, 仕事

職場で用を足していたら何故か後ろのドアが開いていた。女性にも見られた。次使った時も同様に開きっぱなしだったので、何故かと思ったらドアストッパーが働いていたのだった。実に恥ずかしい。 もっと悪いことがあって、仕事が終わった後、職場で会議があるのを忘れて帰ってしまい、引き返さねばならなかった。どうしてこんな重要なことを忘れていたのかと大変焦り、しかもこういう時に限って道が混んでいた。どうも不注意のせ

続きを見る

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑