*

腹が据わらない

どうも腹が据わっていないので、なにかをしゃべっても、仕事をしても、みっともない感じになったりトラブルに繋がったりする。しかし自分の腹が据わっていたら、それはもう自分ではない気がするし、みっともないなりにやっていくしかない。どんな道を辿っても、痛い目にあわないで済むことなんてないからなあ。どこかで開き直っていれば、まあ良いのかなあ。 高校時代は、みすて・ないでデイジーの主人公、歩野零二郎みたい

続きを見る

勝負事

沖縄行きまであと一か月。今回準備期間短いから、作品づくりはまだ半分くらいしか行っていない。今回のルール上、容量の許す限り、必要なデータを用意できると解釈しているが、それもきっと時間が足りず、満足には持っていかれないと思う。僕は毎回かなり準備していくようにしているが、他の選手も同じくらい頑張ってきているのだ。いつも自分よりできる人が何人かいるので、半端なことをやっていては勝負にならない。 午前

続きを見る

紙がいいね

ペンギンハイウェイっていうモリミー(森見登美彦)・作の小説原作の映画が気になっていたのだが、アビリンピックもあるので我慢しているうちに見送ってしまった。内容知らないけどタイトルも雰囲気も、作者に対する信頼からしても凄く面白そうだから、さっきアマゾンで書籍を購入した。ちょっとずつ読んでいきたいと思う。 実はkindle版が大分安売りされていたが、最近、小説はやっぱり紙で読みたい、と思うようにな

続きを見る

ありがたい一日

なんか今日はかなり他の人たちに気を遣っていただき、ありがたい一日だった。仕事中、僕は自分の考えをよく喋るが、その場限りで終わってしまっては意味がない。結果といかなくとも、過程まで持っていかないといけないが、なんとなく社長が顔を出してくれたところで、あれこれ話すと、近いうちになにかできそうな気もしてくる。実際はいろいろあるだろうけどなあ。実力が全然違うけど、PC事業の三先生みたいにやれないものかね。

続きを見る

割と何回も繰り返した話

今日しっかりデザインをやってきた方の作品を見させていただいたが、全く敵わないなと思った。当たり前だが、歴然とした差があった。なにしろ自分も同じモチーフで作っていただけあって、より感じるものがあったのだ。 アビリンピックに執着しはじめたのは、前職が自分にはきつすぎて、なんとかパソコンの仕事をやりたいと思ったからだった。それから金賞を目指して、何年もチャレンジしてきたので、今ではもっとやりたいことが

続きを見る

ずれぶれ

なかなか普通というか真っ当に物事に対して振る舞えなくて、しばしば違和感を覚えられたり、惨めな思いをしたりしている。そのずれが役に立つこともあるから、あながち否定もできないのだが、人間関係においては今後も苦労しそうだ。そういえば、兄がよく大槻ケンジの、確か「人として軸がぶれている」という歌を聴いていたが、あれはぶれがわかりやすく昇華されたいい歌だったね。 親知らずが腫れているのでいい加減抜かな

続きを見る

流れ

もうクッタクタで、仕事終わった後、支援センターに行っても最初から最後まで寝ているだけである。最近いろいろ上手くいっていなくて、落ち目だなあと思っていたけど、家に帰ってみるとリクの顔色が大分悪くなっていた。 今まで割と神経質に効率を重視してきて、実際それをやらなければできないことは沢山あったけど、外での生活が上手くいっていないのは何かの兆しなのかもしれない。鳴き声から逃げるよりは、 作業ができな

続きを見る

能動的にコントロール

今日は支援センターに行ってみたが、奇声をあげている人がいて全く集中できず、すぐに帰ってきた。結構うるさい中でも集中できるタチだったが、これは駄目だった。かといって家ではリクが相変わらずよく鳴いているので、物悲しい気分になる。昔っから外で作業することで自分をコントロールしてきたが、本当は家でどんどんできた方がいい。しかし今のところ能動的にコントロールしていかないと上手くいかない。リクの世話が続くうち

続きを見る

削除

2018/09/23 | 呟き, 報告

今日の日記は書いたけど消しました。 自分のよくないところが出てしまったので。時折こうして反省していかないと。 今日はこれで。また明日。

続きを見る

ことごとく足りない

2018/09/22 | 呟き

達人の経験則とか聞いても、そんな難しいことできねーよって思ってしまうけど、いろいろやってみて体で感じることで、その一部分くらいはわかったような気になれることがある。 なにかがどうしてもできない、というのは必要なピースがことごとく足りていないからで、小刻みに集めていくことで、追いつくことができる。そんなシンプルな考えが通ればいいなと思うが、甘いかな。 今、凄くいい環境にいる。自分が馬鹿だって

続きを見る

  • 佐久本庸介と申します! 山梨県からひらきこもりを掲げ、色々なことにチャレンジしていこうと思っています。第一回クランチノベルス新人賞受賞。ディスカヴァートゥエンティワンより青春ロボットドラッグカラーの空という小説を出版しております。皆様どうかよろしくお願いいたします!
PAGE TOP ↑